今年の紅白司会はやはり・・・

今年の紅白の司会が発表されましたが、予想通り嵐から一人司会が選出されました。

嵐の二ノ宮と有村が司会をするそうで、こうなると2020年までの嵐5ヵ年計画というのウワサが俄然現実味を帯びてきましたし、嵐5ヶ年計画とは去年から嵐のメンバーが一人づつ紅白の司会をして行き、2020年のオリンピックイヤーには櫻井が司会をするというものなのです。

こうなったらその可能性は非常に高いですし、赤組はまた有村ですか、そうですか(笑)、去年の例をとるならば来年の朝ドラ主演の女優でいいはずなのになんで2年連続有村なんですかね~?。

新聞記事では有村か綾瀬かと書かれていましたが、正直「どっちもヤダ、他にたくさん女優はいるだろ」と思っていましたし、まだ柴崎の方がマシな気がします(まあ、柴崎はあの性格なので紅白の司会も紅白の台本も覚える気などサラサラないと思いますが・・・)。

ちょっと有村へのNHKの優遇が過ぎやしませんかね(来年大河に出る北川景子じゃダメなんですかねっ?)。

まあどうでもいいのですけれど、今年は去年の様にヒット曲が本当にないので相当視聴率的には苦しそうなので”今年の司会は罰ゲーム”などと言われていますが、どんな目玉企画を作るのか今から楽しみです。

私は正直、松本と有村だと思っていたのですが(現在公開中の映画「ナラタージュ」で共演している)、二宮とはちょっと意外でした。

来年は大野か松本になるのと思うのですが、多分来年ドラマ、映画に出ない大野になると思います。

いまやアプリで星座の勉強なんです!

先日、部屋を掃除していたら、小学生のときに使った星座版が出てきました。星座は小学生の頃、授業で学び、日時を合わせると空に見える星座、位置を知ることができました。

星座版片手に夜空を見上げたものですが、広い空のどの部分なのかイマイチわからなかったこともありました。甥っ子が持っていた星座版は光るタイプのものでした。しかし驚くのはそれだけではないんです。今時と言うか、この時代を象徴するというか「星座のアプリ」があるんです。

このアプリでは、星座の見方の説明はもちろんのこと、成り立ちや歴史、豆知識までもが解説されているんです。年間を通した天体イベントは、カレンダー通知をしてくれるので、忘れて見過ごすなんて心配がありません。子供が勉強するために使用するだけではなく、大人も楽しむことができるアプリだと思います。

小学校時代にこのようなアプリがあったら、もう少し星座や宇宙について興味を示していたかもしれません。部屋の掃除をきっかけに見つけた星座版ですが、思いがけない発見もできました。

星座がキレイな季節ですので、星座アプリを利用しつつ、夜空に輝く星を眺めたいと思います。ホットワインの用意も忘れずにしたいものです。

大雪でしょうか

大雪になるといいますが、依然、関西ははれています。去年の元旦のスノーはすさまじかっただ。乳幼児が初詣で遭難しかかりました。初詣に行きは、随分ふっておるというイメージだったのですが、帰りは、雪山のようになってしまい、前の限界がちっとも思えなくなり、500メートル程度の道順なのにもかかわらず、乳幼児がしゃがんでしまって、困りました。
途上、コンビニで休憩しましたが、それも、完売でした。タイプも品薄だ。
こんなスノーになるのでしょうか。心配です。最近、温かかったせいで、今年は衣服も全装備していません。いつもよりも薄着だ。
インフルエンザもはやってきました。学級閉鎖も聞こえてきます。急に、忙しくなりだしました。

大井川鉄道でSLに乗った思い出

毎週土曜日21時から放送されるテレビ東京の「アド街っく天国」

今回は静岡県の寸又峡温泉がテーマでした。

寸又峡に向かうにはそれ自体がすでに観光資源でもあるSLが走る大井川鉄道が足となる事もあり同路線の話題も多く取り上げられ鉄道好きで知られる中川家の弟さんの方も嬉しそうにしてましたっけ。

番組を見ながら、もう五年ほど前の事ですが大井川鉄道で川根路を訪れ旅したのを思い返し当時のアルバムなど紐解きながら旅の話を綴りたいと思います。

人気のSLに乗るにはまず指定券が必要。東海道本線からの乗り換えとなる金谷駅で求めると恐らくは最後の一枚をゲット出来た様でラッキー!

というのもSLの起点新金谷から列車に乗り込んでみると最後尾の車両の一番後ろの席だったのです。

何はともあれSLはガタンと揺れて力強いレールの音を響かせ緑鮮やかな茶畑の中を走り抜けます。

カーブに差し掛かると遠くに煙を吐き出す黒い機関車の

姿も見え鉄道旅モード全開気分でした。

途中SLが通ると入浴客が立ち上がって手を振るという

温泉も見えました。但し入浴客そのものは列車からは幸か不幸か見えませんでしたが。

一時間ほどで終着の千頭に着くとSL資料館と更に先に行くトロッコ列車が待っていました。が、旅の行程はここで折り返し。再びこの地を尋ね今度はトロッコにも乗りたいと思いながら川根路を行くSLの旅は終了となりかつて近鉄特急で活躍したレトロな車両で帰路につきました。

家事や趣味について

今日は、朝から主に家事をしていました。

洗濯をして食器を洗いながら朝食を作りました。

食器洗いには、「ジョイ」という洗剤を使っています。

食器の汚れや油汚れをスッキリきれいに落としてくれるので長年リピーターです。

洗ったあとの食器がキュっとなるのがたまりません。

朝食は、焼きサバとお汁とサラダとヨーグルトを作りました。

お汁は、なめこと豆腐とわかめと卵のお汁です。

サラダは、サニーレタスとキャベツとトマトとコーン、シーチキンのサラダにしました。

ダイエットには朝は抜かずきちんと3食たべるのが良いそうです。

朝食を抜いてしまうと、その分お昼や夜に食べる量が多くなってしまうので抜かない方が良いです。

特に食事を抜いて夜に一揆に食べることは避けたいです。

それからハワイアンキルトを少ししました。

モチーフはエンゼルトランペットという花を選びました。

ひたすらチクチクと縫う作業ですが、全然苦ではありません。

自分のペースでゆったりと縫っています。

今日は、ハワイアンミュージックをかけながらリラックスして縫っていました。

これから2~3時間だけ仕事をしたいと思います。

眠気覚ましにホットコーヒーを飲みながら仕事に没頭したいと思います。

ハワイアンミュージックも小さな音でかけたいと思います。

好きな小説

私は小説が好きなので、何冊か紹介したいと思います。

まず、上橋菜穂子さんの『獣の奏者』です。闘蛇という動物の獣医をしている母を見て育ったエリンは、母のようになりたいと思っていました。
ある日闘蛇が死ぬ事件が起きました。その罪を全てエリンの母がとることになり、闘蛇の池に沈ませるということになりました。
エリンは果敢にも母を助けるべく凶暴な野生闘蛇の池に飛び込み母を助けようとしましたが、闘蛇に囲まれ絶体絶命になりました。エリンは助かるのでしょうか。本編4冊と特別編1冊の長編物語です。

次に紹介するのは、伊坂幸太郎さんの『死神の精度』です。死神である千葉は死ぬ予定の人間を死なせていいかのジャッジをするのが仕事です。そんな死神千葉と死ぬ予定の人達の関わっていく笑いありの短編小説です。『死神の浮力』という千葉の長編小説もあります。

次に紹介するのはあさのあつこさんの『No.6』です。理想都市No.6に住む主人公紫苑と西ブロックに住むネズミの友情ありの小説です。理想都市と呼ばれているNo.6に変死事件がおきます。その事件を追っていくうちにわかるNo.6の本当の姿がわかってきます。9冊の長編小説です。どれか一つでも気になるものはありましたか。よかったら読んでみてください。

痩せている時にスーツを買った結果。

成人してから一番痩せていた時にスーツを一着購入しました。持っていたスーツが合わなくなったためです。最高に痩せているのだから、ワンサイズ大き目を買うべきでした。という後悔は買ってから訪れました。

自分は肩幅が大きいです。それをぎゅうぎゅうに詰め込まれてギリギリのサイズのジャケットを購入しました。店員さんがぴったりのジャケットでなければ売らないという勢いだったためです。己の意見を貫けばよかったです。これがすべての間違いです。いざ着ようと思ったら肩が非常に動かしづらくて一度も着用せずに手放すことになりました。普通のサイズがぴったりくる知り合いにスーツをあげてしまいました。定価で買った(バーゲンではない)己にしては結構大きな金額の買い物だったのに。

という教訓を得たので、最近買ったジャケットは少し余裕を持たせました。もともと肩幅だけが大きい体型をしているため、肩幅さえ納めてしまえばあとは入ります。肩幅に合わせると中身がスカスカになりがちな体型です。

体型的に男性ものの方がジャケットは着やすいタイプです。もしくは海外の女性物がいいのではないかと言われております。己の体型を考慮して購入したジャケットは一番痩せていた時にぴったりで肩が動かしづらかったものと違って簡単に動けてしまう素敵な代物です。(おそらくこれが普通のことなのでしょう)

服は己の体型をきちんと把握して買い物をする(店員さんに押し切られない)ことの大切さを思い知った出来事でした。

カタログギフト、何を注文しよう。

結婚式に参列してきました。

とってもいい結婚式で、やっぱり感動してしまいました。

人様の結婚式なのに、こんなに感動していたら、自分の結婚式の時にはどうなってしまうのか想像つきませんね。

引き出物は定番のカタログギフトとお菓子、かつお節のセットでした。

お菓子はチーズケーキでしたよ。

大抵バームクーヘンとかなのに、ちょっと変化球でしたね。

カタログギフトは割と分厚いものでした。

こういうカタログギフトって、やっぱり悩んじゃいます。

良いものがたくさんあるときはもちろん悩むのですが、これと言ってほしいものもない時もありますよね。

前にいただいた時は、特にほしいものがなかったので、様々なタイトルの中から好きな映画のDVDを2点送ってくれるというものを選びました。

知らなかった映画を知れたから、結構面白かったですけどね。

今回はほしいものがたくさんある状態です。

最近引っ越したということもあるので、足りないものばかりなのです。

食器とか、キッチンツールとかも良いですよね。

ブランド物の道具とか、やっぱり憧れます。

あと、ちょっと贅沢な食べ物とかも良いですよね。

お肉とかどうやって来るのかなって想像してしまいます。

お菓子も、ご当地物はなかなか行くことがないので、こういう機会に頼んでみるのもありですよね。

何にしようか、期限がどんどん迫ってくるので、早めに決めなきゃいけないな~!