痩せている時にスーツを買った結果。

成人してから一番痩せていた時にスーツを一着購入しました。持っていたスーツが合わなくなったためです。最高に痩せているのだから、ワンサイズ大き目を買うべきでした。という後悔は買ってから訪れました。

自分は肩幅が大きいです。それをぎゅうぎゅうに詰め込まれてギリギリのサイズのジャケットを購入しました。店員さんがぴったりのジャケットでなければ売らないという勢いだったためです。己の意見を貫けばよかったです。これがすべての間違いです。いざ着ようと思ったら肩が非常に動かしづらくて一度も着用せずに手放すことになりました。普通のサイズがぴったりくる知り合いにスーツをあげてしまいました。定価で買った(バーゲンではない)己にしては結構大きな金額の買い物だったのに。

という教訓を得たので、最近買ったジャケットは少し余裕を持たせました。もともと肩幅だけが大きい体型をしているため、肩幅さえ納めてしまえばあとは入ります。肩幅に合わせると中身がスカスカになりがちな体型です。

体型的に男性ものの方がジャケットは着やすいタイプです。もしくは海外の女性物がいいのではないかと言われております。己の体型を考慮して購入したジャケットは一番痩せていた時にぴったりで肩が動かしづらかったものと違って簡単に動けてしまう素敵な代物です。(おそらくこれが普通のことなのでしょう)

服は己の体型をきちんと把握して買い物をする(店員さんに押し切られない)ことの大切さを思い知った出来事でした。