レバー表記において誤解を生みました。

我が店の焼肉屋の本社が食品加工の会社であり、主に牛肉を市内の焼肉店に仕入れをしていますが、ここ最近の焼肉屋の現状でホルモンが余る傾向にあり、その在庫処理に困っていました。そこで一念発起して焼肉屋を始めました。肉の仕入れは本社で行って焼肉屋で商品として、常に新鮮な肉の状態で提供することができるので美味しい肉をお客さんに食べてもらうことができます。

当然レバーも新鮮なので、メニュー表記を極選新鮮刺身レバーと銘打って新鮮さをアピールしていますが、注文されたお客さんの多くはこれは生で食べてもいいんですかと聞かれます。当然現状の法律ではあの北陸地方で起こった食中毒事件から生では食べられません。

お客さんもそれが分かっているという前提でそのような表記にして生で食べられるくらい新鮮ですよとアピールしていますが、これはかえってお客さんを惑わすような表記となっています。焼肉業界では生肉を提供することに非常にシビアになっています。

単純明快に極選レバーとだけ銘打っていきます。お客さんにとってはメニュー表示により想像で食べたいものを注文すると考えます。ですのでメニューの表現には細心の注意を払い取り組んでいきたいと思います。