時々、やってしまう「どんくさいこと」

時々、やってしまう「どんくさいこと」。今日は、夕食にあったことを述べますね。

夕食にレトルトの味噌汁を出しました。野菜入りの味噌汁で美味しいんです。フリーズしてある野菜をお椀に入れて、お湯を入れました。食べてみたら、「ん?味がない!前は、もっと美味しかったのになぁ」と思いながら、少しずつ食べながら、お椀に入っている汁の色を見ていました。味噌汁の色が、お湯の色のままでした。「えっ!もしかして!」と、慌てて味噌汁が入っていた袋を確認してみたら、なんと味噌が入っていたではないか。もう、一人でゲラゲラ笑ってしまいました。ちょっと冷めかけていたので、急いで味噌を入れて、かき混ぜました。「そう!この味!おいし~い!」と安堵しました。